2009年10月07日

せんせいあのね。

IMG_0272.JPG

きょうわ、じてんしゃに、のっていたら、
手ずくりの、トマレを見つけました。

ぼくわ、

「一っしゅん、トマトに見える。」とか、

「ぜったい、止める気ないよー。」

とか言って、大ばくしょうしました。

そうしたら、一っしょにいた、
よん才としうえの、おねえさんに、

「こういうものは、
 ここで車にひかれちゃった、おじいさんのために、
 おばあさんが、つくったのかもしれないんだから、
 わらってわ、いけないよ。」

と言われました。

しかられてこわいのと、
ふつうにこわいのとで、
ぼくわ、シュンとしてしまいました。

でもあとから、しかられるのも、
「わるくわないな。」
と思いました。




posted by Cho-Q at 03:13| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

漢字の成り立ち。

images.jpg


深夜の三軒茶屋。

そのひどく酒に酔った様子のサラリーマンは、
すれ違いざま、確かに言った。

「だいたいねぇ、漢字をつくったのも、アジャコングなんだよ。」

正直、初耳だった。



しんと静まり返る、3年B組の教室。
顔を真っ赤に染めて、金八先生は言う。

「君達、いいですか。人という字はねぇ、
 ひとと、ひととが支え合っているから人なんですよ。」

更に熱くなる金八。

「心非ずと書いて悲しいと読みます。
 この中に一人だって、
 健太郎の気持ちを考えた人がいるでしょうか。」

涙を流す生徒達。

「先生だって辛いです。
 好きで犯人探しなんてしません。
 でもね、口が虚しい、と書いて…」

その時である。
説教の始めから、不思議そうな顔をしていた、
クラス一の理論派、小林は尋ねるのだ。

「先生、さっきから漢字の話しばかりなのですが、
その漢字というのは、誰がつくったのですか?」

「な、なに?
 小林、今はそんな話しをしているんじゃない。
 だいたいなぁ君はいつも‥」

「先生っ、私も気になります。きちんと教えて下さい。」

「は、長谷川。君は学級委員じゃないか。
 そもそも学級委員という字はねえ…」

「いいから教えろよっ。」

不良の御子柴が、威勢よく吠えたところで、
教室は「教えろコール」に包まれる。

そして、観念した金八は、おもむろに語り始めるのだ。

「えー、いいですか、みなさん。
 漢字というものを考えたのは、アジャコングさんです。」

騒然とする教室。

「おい、聞いたかよ。アジャコングってあのアジャコングか?」

「女子プロじゃん、女子プロ。人、殴ってるぜ?」

「ねぇ、女子プロって何よ?ゴルフの人?ねぇったらーっ。」

呆然と立ち尽くす金八。
ふと、グラウンドを見つめ、呟くのだ。

「死んじゃおっかな。」



そんな事を考えながら、今日も一日が過ぎていきます…。

posted by Cho-Q at 02:51| Comment(2) | エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

謝罪とお薦め。

今朝は、手抜きして、

スミマセンでした!!

images.jpeg


昨日は熱海に行って、
釣りをしたり、
喫茶店に行ったり、
温泉に行ったり、
魚を食べたりしてたんです。

そうしたら、そのことが、
すごく、よく、
解説された、
ブログを見つけたんです。
http://behaviors.seesaa.net/

手抜きして、スミマセン。てへっ♪





posted by Cho-Q at 12:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。